実際の体験談をご紹介

400万円の融資を受けることができました。(男性/30代)

男性/30代

30代も半ばを過ぎた頃から、惰性でサラリーマンを続けることに疑問を感じるようになりました。

これから先の人生、もっと自分の好きなように生きてもいいのではと思うようになったのです。
そこで、昔からの夢だった飲食店の経営に挑戦してみることにしました。

しかし、妻や子供のいない自分に貯金という考えはなく、蓄えはほとんどない状態です。

試しに開店資金として必要なお金を計算してみた所、想像以上にかかることが分かりました。
そこで、親戚の家を周って借金の申し込みをしたのですが、それでも十分なお金は集まりませんでした。

そんな時、ビジネクストという事業者向けカードローンなら、大口融資を受けられることを知りました。

これまで通常のカードローンで数万円ほどを借り入れたことはあったのですが、100万単位の大口融資は初めてのことでした。
なお、借りる額が年収の3分の1くらいであれば、審査に通りやすいということです。

私は400~500万円くらい借りたかったのですが、自分の年収からすると厳しい額です。

カードローン会社の担当者に相談した所、しばらくはサラリーマンを続けて年収を確保した上で、
店の準備を進めることを提案されました。

そうすることで、審査に通りやすくなるという話です。

そのアドバイスに従った所、無理と思われた400万円の融資を受けることができました

おかげで開店資金の目処もつき、無事に店の準備に入ることができそうです。
もう少しだけサラリーマン生活が続くことになりますが、大口融資のためと思えば嫌な気持ちになりません。

金利については思っていたよりも低く、返済も計画通りに進んでいます。

数あるカードローンの中でも、融資限度額が高い会社をピックアップしました。

  1. ビジネクスト

    赤字決算でも申込み可能、無担保無保証・来店不要で書類提出後3日程度で融資してもらえる

  2. 三菱UFJ銀行

    口座開設不要でATM手数料無料、最短翌営業日に借入可、パート・アルバイトでも申し込みOK

  3. プロミス

    郵送物&来店なしで契約可、30日間無利息で最短1時間で融資、50万円以下なら収入証明書不要

その他の体験談

大口融資を受けるにあたって

カードローンの便利なところは融資スピードが早く、無担保で借り入れができる点です。

しかし、小口融資を中心としているため、まとまった金額の借り入れをしたい時には条件や借入先が限定されてしまいます。

とはいえ、カードローンで大口融資を行っているところもありますので、
こちらでは申し込み先や条件などについてご紹介します。

大口融資のカードローンとは

大口融資の定義ははっきりしていませんが、大体100万円を超える融資をしているものを指しています。

一般的にカードローンというのは無担保、保証人をつけない代わりに小額の融資に限定しているケースがほとんどです。

しかし、近年では銀行系や金融機関と提携している大手の業者を中心に、
まとまった金額の融資をカードローンで受けられるようになっています。

大口融資のカードローンは通常のカードローンと同様に担保をつけたり、保証人をつけたりする必要がありません

融資スピードも比較的早く、カードローンのメリットをそのまま引き継いでいます。
また、融資金額が大きいことから利率は低めの設定になっており、借りやすいシステムと言えます。

また、利用目的についても、事業の運転資金などに使わなければ特に制限がありませんので、いざというときに役立つでしょう。

取り扱いをしている業者は限られていますので、申し込みを検討しているときには、
事前に各業者のカードローンについて利用限度額の上限を調べておきましょう。

借入限度額が決まる総量規制の壁

カードローンは使い勝手の良さが魅力ですが、足かせもあります。

それは総量規制というもので、カードローンやキャッシングといった無担保の融資については、
利用者の年収の3分の1以下を融資してはならないという内容です。

この制限があるため、年収が少ない人はカードローンの大口融資を受けることはできません。

マイカーローンや教育ローンなど、目的が定まっている借り入れに関しては
総量規制の対象外となるため、こちらを利用した方が良いでしょう。

なお、総量規制は消費者金融の融資に限られており、銀行系のカードローンであれば、
無担保の融資でも年収に関係なく高額の融資は可能
です。

しかし、回収の見込みを考慮して、銀行系も総量規制を基準にして利用限度額を設定しているケースがほとんどです。

ちなみに、総量規制というのは利用者個人の全ての借り入れを合算したものに対して制限されます。
つまり、複数の業者から借り入れをしている場合には、その合計額が年収の3分の1を超えてはならないということです。

大口融資を受けられる窓口

大口融資の場合、小口融資を中心に扱っている消費者金融の中でも数が限られています。

そのほとんどが資金力のある銀行系、もしくは銀行と提携しているか、グループに入っている消費者金融系です。
また、一部の大手消費者金融も資金力を生かして大口融資を行っています。

銀行系の場合、最初からまとまった金額の融資を受けやすく、信頼性があって金利が低いというメリットがあります。

一方で、審査には若干時間がかかりますし、やや厳しい傾向となっているため注意が必要です。

消費者金融の場合、金利は銀行系よりもわずかに高めの設定にはなっていますが、
融資スピードが早く、借り入れしやすいというメリットがあります。

ただし、消費者金融は最初からまとまった金額の融資をするケースは少なく、
小額の融資できちんと返済するかを判断し、信頼度がアップした時点で利用限度額を引き上げることが多いです。

大口融資の申し込み手順

大口融資の申し込み手順は、通常の小口融資の申し込み方法とそれほど大きな違いはありません。

店舗によっては、大口融資は窓口に行かなければならないケースもありますが、
ほとんどの窓口がオンラインやファックス、電話などの申し込みに対応しています。

オンラインの申し込みをする場合には、住所氏名や生年月日、年収などの他に借り入れ希望額も記入します。

そして、本人確認のための運転免許証やパスポートなどの他、
申込者の収入を証明する確定申告書や源泉徴収表などもカメラで撮影します。

サーバーにアップロード、もしくはメール添付などの方法でこれらの書類を提出すると、審査が始まります。

銀行系の場合には、窓口持込や郵便などで書類を提出することもあります。
審査に通ったら、利用限度額や利率などの詳しい内容が連絡されますので、内容に同意して契約完了です。

契約をしてすぐに借り入れをする必要はありませんが、急いで現金が必要な場合などは振込みで融資を受けられます。

そして、後日カードが自宅に届き、これを使ってコンビニや銀行のATMで現金を引き出すことができます。

小口融資との違い

大口融資のカードローンと一般的な小口融資のカードローンの違いは、大口融資の方が審査が若干慎重になる点です。

小額の融資であれば返済もそれほど負担にはなりませんが、大口融資で返済できない場合を考慮すると、
年収だけで気軽に融資をするわけにはいきません。

そのため、審査に時間がかかることも多く、年収を証明する書類も提出する必要があります。

一方で、大口の融資になると金利はかなり低くなります。

カードローンの利息上限は100万円以上の融資で年15%となっていますが、
高額の融資になると、これを大きく下回る年3~5%に設定しているところも少なくありません。

なお、利率は一度下がると借入額に関係なくそのままになります。

例えば、最初に300万円を年3%で借りてすぐに返済した場合、その後10万円程度を借りても利率は3%のままです。

返済方式などは小口融資と同じで、毎月借入額に応じて決められている額を返済していく他、
手持ちがあるときには任意の額を繰り上げ返済することも可能です。

借り入れ条件

大口融資を利用するには、安定した収入がある仕事についていて、
融資する側が定めた範囲内の年齢である
ことが必須です。

それに加え、借り入れ希望額の3倍以上の年収を得ていることも条件に含まれます。

さらに、消費者金融等では条件が満たされていても、最初のうちは小口融資に限定していることもあるため、
すぐにまとまった金額が必要な場合には注意しましょう。

業者の中には最初から高額の融資をするところもありますし、融資の早い銀行もあるため、事前に調査しておくと良いでしょう。

条件が許せば、利用価値があります。

このように、カードローンの大口融資は担保提供の必要がないにもかかわらず金利が低く、
借り入れしやすい
などメリットがたくさんあります。

確かに総量規制の壁はありますが、高収入の人であればまとまった金額の借り入れができるため、利用する価値は十分にあります。

利便性の高いサービスですので、頻繁にまとまった資金が必要な人にオススメです。

アンケート調査をしてみました

50万円以上の大口融資…借りた理由は?

それぞれの金融機関によって基準は異なりますが、「大口融資」とは個人で50万円以上借り入れすることを指します。

借入額が大きくなると、それだけ審査基準は厳しくなり、高い年収やステータスが求められるようになります。
小口融資に比べてハードルが高いため、大口融資を検討している方の中には、迷っている方もいるのではないでしょうか。

そこでアンケート調査を行い、過去に大口融資を受けた人たちから、どのような理由で借り入れをしたのかをヒアリングしました。

融資を受けるかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

大口融資を受けた理由はなんですか?

アンケート調査の結果

  • 1位:事業資金を補填するため・・・32%
  • 2位:大きな買い物をするため・・・28%
  • 3位:投資の資金にするため・・・19%
  • 4位:借金の返済のため・・・17%
  • 5位:その他・・・4%

1位:事業資金を補填するため

  • 製造業のため、開業時に機器一式を揃えるのにまとまった金額が必要だったから。(北海道・32歳・男性)
  • 念願だったネイルサロンを開くために、大口の融資をしてもらいました。(岐阜県・43歳・女性)
  • 主人と会社を立ち上げる際、銀行から融資を受けました。10年かけて返しました。(千葉県・33歳・女性)
  • 事業継続のためにお金を調達する必要がありました。(福岡県・39歳・男性)
  • 金網工場を経営しているのですが、業績悪化のために融資を受けました。(東京都・37歳・男性)
  • 個人事業主ですが、事業の運転資金がどうしても必要になったため、借り入れをしました。(岡山県・40歳・男性)

1番多かったのは、事業資金を補填するために借りたという意見でした。

新しく会社を作るときは多額のお金が必要になるため、借り入れをして用意することがあります。
また、経営が厳しくなった際に、状況を好転させるために借りたという方もいました。

2位:大きな買い物をするため

  • 掘り出し物の中古住宅を見つけて、ローンを組んで購入しました。
    ただ、何か月かして売り主の方から買値の1.5倍で買い戻したいとの話があり、即売却しました。(神奈川県・48歳・男性)
  • 新車を購入するのに、そこのお店でローンを組みたくなかったので、なじみの銀行で融資を受けました。(東京都・34歳・女性)
  • 住宅を購入するための資金が不十分だったため、融資を受けました。(神奈川県・39歳・男性)

大きな買い物をするために借りたという方も多くいらっしゃいました。

家や車といった生活に欠かせない大きな商品を、融資を受けて購入する方が多いようです。
車の場合は販売店でもローンを組めますが、金利は高めになっています。低金利で借りたいなら、銀行が有利です。

3位:投資の資金にするため

  • 新規の土地開発があり、企画に参画して物件を保有するために融資を受けました。(大阪府・38歳・男性)
  • とても良い投資先を友人から紹介されたのですが、資金がなかったため借りました。(福岡県・49歳・女性)
  • 融資を受けても返済できる位、良い投資先を見付けたから。(福岡県・44歳・女性)

良い投資先を見つけたけれど、資金が足りないため、借り入れしてお金を作ったという方もいました。

株式投資をするなら最低でも5万円は必要で、投資先によっては何十万円かかるところもあります。
このように、投資のためにお金を借りるケースも少なくないようです。

最後のまとめ

大口融資を受ける理由で多かったのは、事業・大きな買い物・投資に関することでした。

人生の転換点になるような場面では、まとまったお金が必要になることが多く、借り入れをする方が特に増えるようです。
なお、大口融資を受けるなら、消費者金融よりも銀行がおすすめです。

消費者金融には「総量規制」が適用されています。そのため、全体で年収の3分の1にあたる金額までしか借りられません。

しかし、銀行は総量規制の対象外であるため年収によって制限がかかることがないのです。
さらに、銀行の方が消費者金融よりも金利が安い傾向にあり、返済の負担を減らせます。

もしも、今後新しく事業を始めたり家を購入することになったりして、
大きなお金が必要になったら、銀行で借り入れしてみてはいかがでしょうか。

人気の大口融資カードローンはこちら